NEWS

【重要】新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について

学生・教職員の皆さまへ

大手前栄養製菓学院 学院長
福井 要

今後 皆さまには引き続き感染症対策の励行を、海外から入国・帰国した方につきましては以下の手続きを確実にお願いいたします。

1.海外(除く、中国)から入国及び帰国した場合
(1)「海外渡航に関するアンケート」を入力 ■「海外渡航に関するアンケート」
(2)発熱や呼吸器症状がある場合は、他の人との接触を避け、マスクを着用するなどした上で、速やかに地域の保健所に相談した後、その指示に従ってください。

2.中国から入国・帰国した場合
(1)「海外渡航に関するアンケート」を入力
(2)入国・帰国時もしくは、入国・帰国後14日以内に発熱や呼吸器症状がある場合、他の人との接触を避け、マスクを着用するなどした上で、速やかに地域の保健所(湖北省もしくは浙江省からの入国・帰国または湖北省もしくは浙江省在住の方と接触があった場合は、帰国者・接触者相談センター)に相談した後、その指示に従ってください。
(3)入国・帰国時に発熱や呼吸器症状がない場合、入国・帰国後2週間は不要不急の外出はできるだけ控え、外出時にはマスクの着用と朝夕に検温をする等、体調管理に十分留意してください。
特に、湖北省もしくは浙江省在住の方及び湖北省もしくは浙江省在住の方と接触があった方は外出を控え、入国・帰国後2週間は自宅に待機し、厳重な健康観察等を行ってください。
発熱や咳などの症状が出た場合には、他の人との接触を避け、マスクを着用するなどした上で速やかに地域の保健所に相談をした後、その指示に従ってください。

3.自宅待機期間経過後
自宅待機期間経過後は、健康状態について事前に在籍キャンパスの教務学生課に連絡し、発熱や呼吸器症状がないことを確認した上で登校してください。

4.お願い(全ての皆さまへ)
風邪やインフルエンザ対策と同様にお一人おひとりの咳エチケットや手洗いなどの実施が大変重要です。感染症対策に努めて頂くようお願いいたします。
次の症状がある方は地域の保健所にご相談ください。
(1)風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
※高齢者や基礎疾患等のある方は上記の症状が2日程度続く場合

◇新型コロナウイルスによる感染と診断された場合は、その結果を電話またはメール(kikikan@otemae.ac.jp)で在籍キャンパスの教務学生課及び総務課に連絡してください。

<大阪大手前キャンパス>
教務学生課 06-6941-7063
総務課 06-6941-7698

PAGETOP