NEWS

新規機能性食材を使ったメニューの食事会を開催しました

2020年2月4日、JA北大阪様と本校が共同で進めている生活習慣病を予防するお米と葉菜の研究開発の一環として,これらの食材を使った食事会を開催しました。JA北大阪 木下昭男組合長や大阪府立大学 北村進一名誉教授など本研究に関わる方々にお越しいただき、美味しくて健康に良い食事を召し上がっていただきました。食事会の直前に行われた研究会では、これらの食材の機能性について中屋愼講師から最新の研究結果を交えた説明があり、今後どのように食材を普及させていくかについてご参加の皆様と意見交換を行いました。

オードブルのパンやピザに「新規機能性食材」を使用

食事会では実際にこれらの食材を使用したお料理を皆様に召し上がっていただきました。メニューから調理,盛り付け,配膳に至るまで学生手作りの”おもてなし”に満ちた食事会となりました。これらの食材に興味を持ってくれた学生が管理栄養士である松田美久子講師のサポートを受けながら開発したメニューは,前菜からデザートまで創意工夫が凝らされていて,見た目も味も体にも良いものでした。食事会の終わりに,学生が自分の開発したメニューのこだわりポイントについて説明したところ,食事された皆様は熱心に耳を傾けてくださり,「発想に驚いた」とお褒めの言葉をくださいました。

最後に,この研究開発プロジェクトのリーダーである中屋講師からのメッセージです。
「この記事をお読みの皆様の元に新規機能性食材を早く届けられるよう,学術研究やメニュー開発をさらに発展させて参ります。「新規機能性食材」にご興味のある方,ぜひ本校にお出でください。一緒にプロジェクトを進めましょう!」

PAGETOP