NEWS

栄養学科2年生 食品衛生学実験の授業紹介

今回は私たち人間にとって欠かせない水についての実験を行いました。
住んでる地域によって河川の水質や浄水の方法は異なります。
学生の皆さんの自宅からお水を持ってきてもらい、その水にどれだけ塩素が残っているのかを簡単に調べました。

塩素濃度が既知の溶液と水道水に発色試薬を加え、その色を比べて、残留塩素濃度を確かめました。

又、塩素は水道水の消毒の為に必要ですが、私たちの身体にとってあまり良いものではありません。
そこで簡単に塩素が取り除ける方法についても学びました。

ピンク色になっているのは塩素が残っているもので、透明のものは除去されています。
このことから水道水にお酢やレモンを加えると塩素が抜けることが分かりました。
喫茶店でお水にレモンが入ったりしているのは見た目がオシャレなだけではなく、
こういう効能があるからなんですね!

PAGETOP

SHARE !