栄養士の活躍フィールド
RELATED POSTS

希望通りの給食分野で働ける毎日。とても充実しています。

 希望通りの給食分野で働ける毎日。 
 とても充実しています。

田澤 諒さん栄養学科 2013年卒業
(長野県立木曽青峰高等学校 出身)
02
interview

栄養士をめざそうと思ったきっかけは、小学校の給食が大好きだったことと栄養教諭の先生の授業がとても楽しかったこと。
大手前栄養学院を選んだのは、学びの実績と専門学校らしくないキャンパスの雰囲気に魅かれたからです。当時の大手前栄養学院には4年制の管理栄養学科もあったのですが、早く社会に出たいという気持ちがあり、栄養学科を選択しました。
卒業後就職したのは、いろいろな企業・施設内で給食提供業務を担当する(株)魚国総本社です。業務スタイルは、仕入れから調理、食堂の運営までのすべてを、会社から派遣されたチームが行います。年齢も経験も違う栄養士や調理師が、限られた条件のなかで力を合わせて働きます。大手前栄養学院での学びでいちばん役に立っているのは“チームワーク”。年齢の違う仲間とグループで取り組んだ調理実習は、今の職場と同じ。大手前栄養学院で学んで良かった!と実感する毎日です。

PAGETOP

SHARE !