栄養士の活躍フィールド
RELATED POSTS

経験を活かし、赤ちゃんからお年寄りまで笑顔になるような栄養支援をしたい。<

 経験を活かし、赤ちゃんからお年寄りまで 
 笑顔になるような栄養支援をしたい。

時岡 奈穂子さん栄養学科 1999年卒業
(日本福祉大学 出身
大阪市立大学大学院修了)
01
interview

短大卒業後4年間一般企業に。高齢者の栄養支援をしたいと思い大手前栄養学院に入学しました。栄養学科卒業後、開業栄養士の会社や大手前栄養学院の助手などを経験しました。助手時代は環境に恵まれ、管理栄養士国家試験に向けて猛勉強するかたわら学会発表を行うなど、知識と経験を積むことができました。管理栄養士取得後、特別養護老人ホームで約10年間、高齢者や障がい者への栄養ケアを行いました。
結婚と出産を経て退職した現在は、地域の管理栄養士や住民とNPO法人はみんぐ南河内を立ち上げて活動しています。複数のクリニックと契約し訪問や外来での栄養指導や新米ママたちの食育相談など、地域の医師や歯科医師、介護職やボランティアさんなどと協働で行っています。NPOの合言葉は「いただきますのお手伝いです。経験を活かし、赤ちゃんからお年寄りまで、地域の方々に「おいしいね」と笑顔になっていただけるような活動をしたいと思っています。

PAGETOP

SHARE !